ニキビ跡の赤みを綺麗に治したい!その治し方と原因対策!

MENU

ニキビ跡の赤みを綺麗に治したいならこうしましょう。

大人ニキビができて悩んでいるという人は多いのではないでしょうか。大人ニキビは、思春期ニキビとは全く異なる性質を持っており、食生活の乱れによる栄養の偏り、寝不足、運動不足、疲労、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、肌の乾燥などが原因となります。
ニキビ跡赤み
口の周りや顎や頬や首筋などのUゾーンにできる、同じ箇所に何度も繰り返しできる、治りが遅い、跡が残りやすいなどの厄介な特徴も持ち合わせています。ニキビ跡が色素沈着してシミになってしまうこともあります。ニキビ跡の治し方としては、日頃の食生活や生活習慣を改善させて体の中からケアすることと、化粧品での保湿ケアと美白ケアが重要になります。
ニキビ跡赤み
食生活では、ビタミン、ミネラル、タンパク質をバランスよく食事に取り入れることが大切です。ビタミンやミネラルは疲労やストレスがたまると失われやすくなる栄養素ですので、果物や野菜をたくさん食べたりサプリメントやドリンク剤を飲んだりしてこまめに補いましょう。運動の習慣をつけること、睡眠をたっぷりととること、ストレスをためないことなども心がけましょう。大人ニキビがなかなか治らずにニキビ跡になってしまう原因は、肌の乾燥による角質のバリア機能の低下とターンオーバーの乱れにあります。ですので、徹底的な保湿ケアで角質のバリア機能を高めてターンオーバーを活発にさせることが有効な治し方となります。そのことにより美白ケアによる効果も格段にアップします。
ニキビ跡赤み

ニキビ跡赤みの原因と対策

赤ニキビの原因はいろいろありますが、外気のほこりやメイク汚れなどギドギドしたままのお肌を放っておくと毛穴に皮脂が溜まります。またホルモンのバランスが上手くいかなくてもお肌に悪影響があります。それはお肌のターンオーバーが乱れて古い角質が落ちず、なかなか新しいお肌に生まれ変われないからです。ニキビ跡赤み
こうした状況の中で毛穴にばい菌が入り込むと赤ニキビができやすくなります。この赤ニキビのできる原因はアクネ菌が毛穴の中で炎症を起こしてしまうことにあります。すると毛穴の周りがブツブツになりますが、このブツブツの状態が炎症を起こしている部分なのです。
ニキビ跡赤み
対策としては長時間汚れのついたお肌をそのままにしないことが肝心です。朝だけでなく外出しない日でも夜もやはり洗顔するべきです。何よりも危険なのはお肌の乾燥と外部からの強い摩擦による刺激です。洗顔するときはやさしく泡を押すように洗います。きちんとすすいだらしっかりと化粧水などでお肌に潤いを与えましょう。水分が足りないとお肌は自分で皮脂を作り出そうとするからです。これが過剰に分泌された皮脂でテカりの原因にもなります。この時気を付けたいのは、化粧水はたっぷりに乳液(クリーム)はほどほどにがいいようです。それはコップに水を注いだ時蒸発を防ぐためにフタをしたとします。このフタの役目をするのが乳液などの油分なのです。水の役割をするアイテムが不足していたらいくら油分を補給しても意味がないのです。
ニキビ跡赤み