やっかいな背中のニキビの正しい治し方

MENU

ニキビ跡の赤みを治す前に知っておくこと

 

ニキビができて一番イヤな場所ってどこでしょうか?鼻?おでこ?人それぞれだとおもいますが、他人に見られるからイヤ、という理由をのぞけば、おそらく背中がトップに来るのではないでしょうか?

 

背中は体の中でもニキビのできやすい部位です。そして治療がとても難しいやっかいな部位でもあります。ですので、できる限り背中にニキビができないように予防をすることが大事ですし、もしできてしまっても皮膚を傷つけるようなことはせずに正しい治療をするようにしましょう。

 

ではまず、背中のニキビ予防についてです。背中のニキビも他の部位と同じように皮脂の過剰な分泌がニキビの大きな原因です。ホルモンバランスや食生活、生活習慣など、皮脂の分泌量を増やすような原因が潜んでいないかを確認しニキビ予防することが大切です。食事は油物を控え、ビタミンやミネラルなどバランス良く栄養を摂取することが大切です。また、サプリメントを併用することもできます。食材の組み合わせによっては吸収率が低下したり向上したりしますので、吸収率を高める知識ももっておきましょう。質の良い睡眠・適度な運動といった健康的な生活習慣もニキビ予防につながります。

 

それでも背中にニキビができてしまったら、まずは衛生管理をしっかりと行いましょう。特に夏場には、汗をかいた時に長時間そのままにして雑菌が繁殖するリスクが高いです。汗をかくたびにタオルやハンカチを持ち歩いてこまめに汗を拭きましょう。また、汗でぬれた衣服は可能な限り早く着替えましょう。

 

ニキビは下着や衣服とこすれることでも起こることがあります。この場合の治し方は、肌に優しい素材のものを選んだり、あまり密着しない通気性の良いタイプの衣服を選ぶことが重要です。密着タイプの衣服は背中にニキビができているときには避けた方が無難でしょう。

 

シャワーやお風呂で洗い、清潔に保つことも背中のニキビを治すためにとても有効な方法です。皮脂や汚れは毛穴の奥深くまで入り込んでしまいますが、効率的に洗い流す方法があります。それは、キメの細かな泡をつくって洗っていくことです。キメの細かな泡は毛穴の奥深くに入り込んだ汚れや皮脂をきちんと吸着してくれます。ですので、背中のような手が届きにくい場所にニキビができている場合でもそれほど苦労することなく清潔にできます。洗う時は刺激の少ないボディーソープを選ぶことも重要です。くれぐれも皮膚を傷つけないでくださいね。

 

ニキビ跡の赤みを綺麗に治した私の方法