ストレスとニキビの関係

MENU

ニキビ跡の赤みを治す前に知っておくこと

 

ストレスとニキビには関係があります。皮脂が毛穴に詰まってしまい、そこから悪玉アクネ菌が沢山できて炎症を起こすと、ニキビが肌に出来てしまいます。原因は皮脂が毛穴に詰まってしまうことです。皮脂が過剰に分泌される理由は色々とありますが、その中のひとつが、ストレスです。自律神経は交感神経と副交感神経があります。副交感神経は身体がリラックスしている時に優位になるのですが、交感神経は緊張している時やストレスを感じている時に優位になりやすくなります。交感神経が優位である状態が続いてしまうと、男性ホルモンが過剰に分泌されやすくなります。この男性ホルモンは皮脂の分泌を強くする働きがあるのです。そのため、過剰に分泌された皮脂が毛穴につまり、ニキビの原因となってしまいます。ニキビをつくらないためには、心理的な疲れをためこまないようにすることが、とても大切になってきます。また、副交感神経を優位にすることが大切なので、身体がリラックスするようなことをすることが、とても良いです。自宅で半身浴することもよいですし、温泉につかることも良いでしょう。その他、マッサージを受けて身体の疲れをとることや、ウォーキングなどの軽く身体を動かすスポーツも良いです。好きなお茶などを飲んでくつろぐことも良いでしょう。このように、ニキビとストレスには密接な関係があります。上手に発散することで副交感神経を優位にし、ニキビ対策を行うようにしましょう。

 

ニキビ跡の赤みを綺麗に治した私の方法